研究会レポート紹介
城南支部の研究会/専門分野エキスパート育成コース

城南支部の研究会

 城南支部には各種の研究会があり、会員による自主的な切磋琢磨の場として、幅広い分野を対象に特色のあるテーマで活発な研究活動を行い、診断士活動に貢献しています。

ニュービジネス研究会 <紹介
リーダー:松本 寿吉郎
 最古を誇る研究会です。1980年に発足し、毎月休まず続けて40年間479回開催しています。参加者とともに情報感度を研ぎ澄まし時代の変化を俊敏に察知することを狙いに、毎回ゲストスピーカーを囲んでのディスカッションを実施しています。

財務診断研究会 <紹介> http://www.zaimu-shindan-kenkyukai.jp/
リーダー:小松原 拓
 有価証券報告書から財務諸表の読み方を学習し、分析力を身につけます。
毎月、異なる業界の企業の開示情報をEDINETから入手し、会員による事例研究と意見交換を行います。

まちづくり研究会 <紹介> 
リーダー:内田 圭
 「まちづくり」をテーマに、参加者の知見を広めることを目的とした研究会です。中小企業診断士としてどのようにまちづくりに関わっていくか意見交換を行っています。商店街活性化、中心市街地活性化、地方創生、都市再開発など、様々なテーマを取り扱います。

ITビジネスラボ <紹介> https://itbl.jimdo.com/
リーダー::廣澤 東
 ITビジネスラボでは、時代の潮目を意識しながら半歩先を行く研究を行っています。活動スタンスは「肩の力を脱いてユルユルした運営」です。しかし、それでいて「タメになる活動」を目指しています。最近はITにあまり強くない人の入会が相次いでいます。

労務管理研究会 <紹介> 
リーダー:坂本 直紀
 人事労務に関する研究活動と会員相互の情報交換を通じて、中小企業診断士が中小企業の経営に役立つ助言や支援を行うためのコンサルティングスキルを高めていく全員参加型の研究会です。中小企業にとって関心の高い労務管理のテーマを中心に活動しています。

環境経営研究会 <紹介> 
リーダー:稲垣 雅文
 当研究会は、環境を視点に中小企業の経営を支援する研究会です。中小企業の環境経営に 関するコンサル手法を実践に役立てるため、エコアクション21のコンサル実施事例研究、SDGs(持続可能な開発目標)と中小企業の取組研究などを日々行っています。

経営法務研究会 <紹介> http://blog.livedoor.jp/keieihoumu_johnan/
リーダー:山下 洋
 会社経営において見失いがちな法務管理・労務管理という切り口をもって、中小企業支援ビ
ジネスのチャンスにつなげることを目標に、研究会活動と発信を続けています。メン
バー相互間の協力関係構築にも積極的に取り組みます。

リスクマネジメント研究会 <紹介> 
リーダー:椎木忠行
 経営には様々なリスクがあります。リスクはいつ顕在化するかわからず、顕在化した場合の処理コストはリスクの予防コストの何倍になるかわかりません。リスクマネジメントの必要性もそこにあります。当会は経営に限らず様々なリスクについて研究しています。

マーケティング研究会 <紹介> 
リーダー:原田 英明
 マーケティング研究会の活動指針は「ing」。「実践」と「理論」を通じて「ツカエルマーケティング」の習得を目指し、動き続けます。中小企業のマーケティング活動を支援する「実践」と、会員等による研究発表・討論する「理論」で支援ノウハウを高めていきます。

ものづくりイノベーション研究会 <紹介> 
リーダー:小泉 誠二
 工業集積地である大田区や品川区の町工場を支援するための基礎を学ぶ場です。金属加工を中心とした業態の基礎知識、町工場で共通な5Sや生産管理の応用知識、更に経営診断で必要なスキルと知識が身に付けることができます。

チームコンサル研究会 <紹介> 
リーダー:中峰 博史
 企業支援の現場で未経験の分野のため誰かの知恵を借りたい、規模が大きすぎて一人では対応できないと悩んだ経験のある方のための、専門知識を広め質の高いサービスの提供や、より大きな仕事にチャレンジを続ける、「できる診断士」を目指す研究会です。

成長産業分野研究会 <紹介> 
リーダー:出水 進
 医療・介護・健康関連産業、環境・エネルギー、観光、クリエイティブ等の成長分野を対象として、その分野での知識や経験を共有する専門家のための場を設け、伴走型支援に必要となる手順と手法、その実践的活用の研究を目的として活動しています。

グローバライズ研究会 <紹介> 
リーダー:花田 敏彦
 インバウンド、アウトバウンドの両側面から企業のグローバル化についての情報交換と実践的支援手法を研究しています。国際分野に関心があれば、経験がなくても参加できるような運営を行っています。

事業承継実務研究会 <紹介> 
リーダー:足立 秀夫
 事業承継支援の実務および会員相互の研鑽とコミュニケーション活動を通じて、事業承継支援に関する研究や提供サービスの開発を行い、中小企業の持続的な発展に寄与することを目的とした研究会です。

事業再生実務研究会 <紹介> 
リーダー:大野 昭一
 事業再生支援に必要とされる実務能力とその活用方法の研究を通じて再生支援スキルを向上し、中小企業の発展に寄与するとともに、事業再生の実践を通じてプロコンとして仕事につなげることを目指して活動しています。

経営のデザイン研究会 <紹介> 
リーダー:平野 匡城
 経営資源の限られた中小企業の強みを活かし将来をデザインする力が今、求められています。そのため当会では、知的資産経営(「事業価値を高める経営レポート」や「経営デザインシート」)の研究、企業に訪問し経営デザイン作成や、専門家との意見交換などを行います。

スモールM&A研究会 
リーダー:田邊 佑介
 「第三者承継」をテーマに掲げ、会員のスキルアップを図るとともに、実務につなげていただくための研究会です。経済産業省からは10年計画で、後継者不足を理由にする廃業を回避しようとしています。その受け皿となる人材の輩出に取り組んでいきます。

城南支部の交流会

新談士の会 <紹介
リーダー:毛利 憲市
 新談士の会は、入会から1~5年目の若手診断士のための交流の場です。毎月一度の定例会では、専門領域の異なるメンバーが各自の活動や研究内容など多岐にわたるテーマを発表しそして皆で議論し、周囲と切磋琢磨しながらスキルアップできる場となっています。

専門分野エキスパート育成コース

 
 当コースは、経験豊富な専門性を有する中小企業診断士等が、参加人数を厳選し、集中的に講義・ワークショップ等を通じ、より実践的な診断士を育成し、会員へのコンサルティング技術の向上を図るものです。<紹介

経営のデザイナー育成コースhttps://www.iabm.jp/expert2020/
代表:坂野 直人
 目に見えにくい資産である「知的資産」を抽出し可視化する技術に加え、知的資産経営の専門家である我々が今まで蓄積してきた実践的な知識やスキル、豊富な実例をベースに、「知的資産経営[IAbM]エヴァンジェリスト」の育成を行うことを目的としています。

城南プロ研修講師養成講座コース(通称:山川塾)
代表:山川 茂宏
 研修講師、セミナー講演、執筆、コンサルティング、窓口相談業務など様々な業務をできると収入の安定化にもつながり、危機管理にもなります。この講座では研修プログラムのノウハウを身につけることはもちろん、実際自信をもって研修講師を務めるスキルを提供します。

ものづくり補助金&経営革計画エキスパートコース
代表:星野 裕司
 ものづくり補助金と経営革新計画を通じて経営コンサルティングに必要な事業計画の策定手法を学びます。講義と演習、添削や相互評価により、採択を得られる事業計画の策定支援ができる専門家を養成します。成績優秀な希望者には、案件を依頼することもあります。


このページの先頭へ戻る