城南支部について
支部長挨拶

 行政、公的支援機関、金融機関等の皆様方には、常日頃より多大なるご支援、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症による中小企業・小規模事業者への影響が未曾有の規模に拡大している状況で始まりました。政府は、資金繰り支援や給付金、経営相談、納税の猶予など数多くの支援策を打ち出しております。中小企業診断士は、これらの施策をいち早く中小企業・小規模事業者に届け、活用できるようサポートする重要な役割があります。そのため、行政の皆様からのご要望により、多くの中小企業診断士が、セーフティネット保証等の認定業務や融資斡旋業務に携わっております。

 一方、中小企業診断士は、中小企業・小規模事業者と支援策をつなぐパイプ役のみならず、地域や社会に必要とされる実践能力の高い経営コンサルタントでなければなりません。城南支部では、日頃から経営コンサルタント能力を磨き上げるための人材育成に取り組んでおります。それゆえ、創業から始まり、経営革新、経営改善、事業承継、事業再生などあらゆる場面において中小企業・小規模事業者を支援できるのです。

 城南支部は、総勢約900名の中小企業診断士が所属しており、行政や公的支援機関、金融機関等の皆様からの様々なご要望にお応えできます。経営に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

 これからも、皆様の一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人 東京都中小企業診断士城南支部
支部長 宇野 俊郎


このページの先頭へ戻る