お知らせ
11月1日 能力開発推進部 「オープンデータ活用」セミナー開催

能力開発推進部では短期集中スキルアップセミナーを下記要領にて開催いたします。
【テーマ】「オープンデータ活用」
【講師】富田IT経営コンサルティング合同会社 代表社員 富田 良治 氏
【日時】11月1日(水)18:30~21:00
【場所】品川区立中小企業センター2階中講習室
【参加費】1,000円(資料代)
【募集人数】40名
【申込先】能力開発推進部 井上 拓哉
info@nksb-johnan.tokyo

今回のセミナーのテーマは、e-stat(政府統計情報)やRESAS(地域経済分析システム)のオープンデータの活用です。
地域経済分析システム(RESAS:リーサス)は、地方創生の様々な取り組みを情報面から支援するために、経済産業省と内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)が提供しています。自治体職員や、中小企業診断士など地域の活性化に関心を持つ様々な分野の方によって、効果的な施策の立案・実行・検証のためなどに広く利用されています。また現在、第2回「RESASアプリコンテスト」が公募中で、地域経済の分析や地域の魅力発掘の役立つアプリケーションを募集中です。
https://resas.go.jp/#/13/13101
政府統計の総合窓口(e-stat)は、各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議で決定された「統計調査等業務の業務・システム最適化計画」に基づき、日本の政府統計関係情報のワンストップサービスを実現するため平成20年度から本運用を開始した政府統計のポータルサイトです。
https://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do
セミナーの内容は、e-stat(政府統計情報)やRESAS(地域経済分析システム)のオープンデータを活用した、中小企業の商圏分析や外部環境分析の事例より、データ分析の有効性を知る事です。
また、これらのオープンデータのソース、取扱い方、図表・グラフ等の具体的な活用方法を会得することで、中小企業診断士の提案力アップにつなげる事に主眼を置いてます。

17/10/14 15:43 | 投稿者:miyajimahitoshi

このページの先頭へ戻る