お知らせ
経営のデザイン育成コース(募集中)

 「経営のデザイナー育成コース」(旧・知的資産経営[IAbM]エヴァンジェリスト育成実践コース)の2020年度の受講生を募集いたします。本コースは、城南⽀部認定の専⾨分野エキスパート育成コースとして、2018年度より開設されたものです。

 今回で3期目となる当コースからは、すでに少数ながら精鋭の診断士が「IAbMエヴァンジェリスト」として巣立っていきました。現在は、行政の専門家、セミナーの講師、補助金申請支援などの第一線で、知的資産経営のエキスパートとして活躍中です。卒

 塾生からは「コンサル道場というべきこのコースは、実践力向上にお勧め」、「知的資産経営の真髄を学べる至れり尽くせりのプログラム設計」と、高い評価をいただいております。

 「知的資産」とは、海面下に隠れた氷山の如く「目には見えにくいが、知的財産などの目に見える資産を下から支える」重要な資産です。創業者や小規模事業者など、「持たざる者」の価値を見極めるためには必須の要素となる資産です。この知的資産を「見える化」し、氷山の頂点に相当するBS上の「見える資産」を産み出す原動力を発見し強化する活動が、「知的資産経営」です。

 その一方で、創業期を切り抜けた先端的な企業の宿命として、いつかは氷山の裂け目(キャズム)に遭遇します。これを乗り越える(ジャンプする)ためには大きな発想の転換が必要になります。知的資産経営はこれをも支援できる可能性を秘めています。

 その「ジャンプ」のプロセスを見える化するツールが、「経営デザインシート」です。このように知的資産経営と経営デザインシートは密接な関係を持っています。

 当コースの前半では、知的資産経営から経営デザインシートまで、どんな業種の経営者でも支援が可能になるように、幅広い分野にわたって実践的な知識を身に付けることができます。そして当コースの後半では、先端的な技術やサービスを提供している中

 小企業の「現役経営者」を講師として、真剣勝負のコンサルティングの実践を行う「ワークショップ」を用意しています。皆さん、この得難い体験をぜひ楽しんでみてください!

【カリキュラム・募集要項等】
カリキュラム、募集要項および申込フォーム等については下記のURLのリンク先を参照ください。
https://www.iabm.jp/expert2020/


PDFファイルはこちら

PDFファイルはこちら

20/04/05 23:23 | 投稿者:羽田巧

このページの先頭へ戻る