城南支部について
個人情報保護法施行に関する城南支部の対応等についてお知らせ

城南支部におきましては、中小企業診断協会本部、東京協会に準拠し、管理体制を整えています。そして、支部も東京協会と同じレベルで運用されることになっています。

また、本法施行前より保有している個人情報については、本法施行時に個人情報の取得行為がなく、本法第18条の規定は適用されません。ただし、保有個人データに関する事項の本人への周知については、本法施行前に法第24 条第1項の措置を講ずる必要があります。

個人情報保護の管理体制は、個人情報保護部門管理者、個人情報取扱担当者、担当者、個人情報苦情相談窓口担当者、個人情報保護監査責任者で構成されています。

城南支部での個人情報の利用目的は次の通りに定めています。

  • 個人情報は、支部よりの諸連絡及び諸費用振込み等の連絡目的に使用する。
  • 部・研究会の個人情報は、部・研究会の構成員相互の連絡目的に使用する。
  • 部・研究会の個人情報は、それを支部(研究会等の場合は研修部等)へ連絡するために使用する。

本法の定めにより運用が行われていますので、情報の開示、修正、削除等の要求をする事ができます。個人情報取扱担当者、個人情報苦情相談窓口担当者にご連絡ください。


このページの先頭へ戻る